働き
体の組織

コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあります。コレステロールは、脂肪の一種です。人間の体内にはもちろん、様々な動物の体にもあります。そのため、人間が食べる肉や卵の中にもコレステロールが含まれています。
コレステロールの摂取が多くなれば、動脈硬化などを起こす原因となります。動脈硬化が起これば、心筋梗塞や脳梗塞など、命の危険をともなう病気になる恐れもあります。
そう考えると、コレステロールは人間の体に悪影響を与える物質なのだと思われがちです。

コレステロールは体内に必要なものです。体の中には、コレステロールをはじめ、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸の4つの資質があります。
これらの資質は、血液中にも含まれていて健康を作るために必要なものとなっています。
コレステロールやリン脂質は、細胞膜の材料になるものです。細胞膜は、細胞の一つ一つを包むもので、骨や筋肉、内臓などの臓器も細胞から成り立っています。
善玉コレステロールや悪玉コレステロール、リン脂質などは、健康な細胞を作り出すために必要なものなのです。

コレステロールは、LDLを悪玉コレステロール、HDLが善玉コレステロールと呼ばれています。コレステロールを運ぶたんぱくの働きの違いにより区別されています。
悪玉コレステロール自体は、決して悪いものではなく、体の組織に大切な役割を担っています。しかし、細胞が必要な悪玉コレステロールの量は限られています。
余った悪玉コレステロールは、血液中に増えてそれが血管の壁を厚くする減員となり、動脈硬化を引き起こすのです。
悪玉コレステロールは、悪いイメージを持たれがちですが、善玉コレステロールと同様に、体には必要なものです。
とり過ぎないためには、食事改善や健康食品を取り入れるのが効果的です。

コレステロールを多く含む食べ物には、様々な物があります。たらこやいくら、数の子などの魚卵にはコレステロールが多く含まれています。
また、バターやチーズなどの乳製品、マヨネーズやケーキなどにも多く含まれています。甘いものをとり過ぎず、健康食品に切り替えてください。
うなぎやししゃも、イカなどの魚介類、卵やレバーなどにもコレステロールが多く含まれています。肉を取るにしても、レバーなどを避けて鶏肉にするなど、出来ることから食事改善を始めましょう。

健康診断などで悪玉コレステロールが高いと診断された人は、すぐにでも健康食品を取り入れた食事改善が必要です。
コレステロールの吸収率が高くなっている状態なので、1回の食事量を減らしたり、食べる回数を減らすことからはじめてみましょう。

オススメリンク
最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
    悪玉菌の退治

    生活習慣病

    善玉コレステロールや悪玉コレステロールなどは、生活習慣病と深い関わりがあります。心筋梗塞、狭心症、脳梗塞などは...

    Readmore
    健康な体

    原因

    悪玉コレステロールが高くなる原因には、さまざまなことが挙げられます。まずは食べ過ぎによる肥満です。美味しい食べ...

    Readmore
    体の組織

    働き

    コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあります。コレステロールは、脂肪の一種です。人間の...

    Readmore